正確無比なサイボーグドラマー♪

2015/07/08 | ベース |

 まいどKazです!

前回、久しぶりにオモシロイと思った画期的な機材、

正確無比なビートを叩き出すサイボーグドラマー、

ビートバディ(BeatBuddy)とセッションした記事を書きましたが、

 

あまりに楽しいので、

 

今回、パート2として、

またまたビートバディーセッション動画を録ってしまいました。。

 

単純に遊んでます(笑) 

 

 

【ココガク動画♪】

曲は、ジェフベックの「レッドブーツ(Led Boots)」です。

 

原曲は、クールでカッコいいインストナンバーです。

ジェフのキレのあるギターと、スペイシーなシンセ、

そしてそれを支える強力なリズム隊が渾然一体となり、

ハイテンションなパフォーマンスが繰り広げられている名曲です。

 

この曲はジェフベックの代表曲の一つですが、

ココトレ動画ではスラップで弾いてみました。

 

前回の「チキン(=「The Chicken」)」では、

プリセット音源を使用していましたが、

大分使い方も分かってきたので、

今回はPCでドラムフレーズを作ってみました。

 

いつものように直感的にいじってますが、

自分としては、前回よりも、進化していっている感じがします。

 

今回のドラムプログラミングは、

 

protoolsでmidiプログラミングを打ち込んだのと、プリセットパターンを少し編集したのを

 

曲の雰囲気に合わせてミックスしてみました。

 

この曲のポイントは

 

Aセクションは4拍子のファンクグルーヴで、

Bセクションは8分の7拍子のパターンです。

 

曲の途中で拍子が変わる曲でも、結構簡単に組み込む事ができるのも

 

うれしいです。

 

 

ベースは

 

またしても、オーバーダブなしの、一発撮り、

ベース一本男道です( ー`дー´)キリッ

 

ベース一本で、ギター、シンセ、ベース、ドラムのおいしいところを

どこまで再現し、原曲のグルーヴを生み出せるかやってみました。

結構いい感じだと思うんですが、どうでしょうか・・?

 

あと、今まで触れてなかったんですけど、前回も今回も、

動画の画面右下にビートバディの足の操作シーンが写ってます。

 

これって、ビートバディ使いにとっては、

かなり貴重な情報だとおもいますよ。

 

どんなタイミングで踏めばどんな音が出せるのか、

それが、動画をみながらリアルに分かると思います。

他の動画を見ても、これだけ本格的に使ってるのは

あんまりないと思うんで・・・。

 

 

【サイボーグドラマー君】

 弾いてみた感想ですが、かなり気持ち良いです!

スラップとビートバディー(BeatBuddy)は、かなり相性が良いですね~。

 

ま、細かなタイミングの設定までプログラミング通りに忠実に再現し、

正確無比なビートを叩き出すサイボーグドラマーのビートバディだから、

当然なんですけどね・・・。

 

いろいろテストしてみて、これは「使える」ので、

 

今後は、ライヴでもガンガン使っていきます!

 

 

スラップ練習中の人も、

スラップのフレーズのバリエーションを増やしていけば、

いくらでも気持ちいグルーブを生み出せそうです!

 

動画を見て、こんな風に気持よく弾いてみたい♪と思った人は、

 

KAZプロデュースのトレーニング動画、

【ココトレ♪】のベースレッスンを見て、

スラップのフレーズをガンガン増やしていって下さいね。

 

スラップのバリエーションを一気に増やす

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「ココトレ」1日15分!ベーストレーニング!

 

 

▲UP