情熱大陸ベースtab譜

2015/11/29 | ベース |

【情熱大陸ベースtab譜&ベース用カラオケset】

【情熱大陸ベースタブ譜】

 
まいどkazです!
 
今回は情熱大陸のギタータブ譜に続いて、
 
ベースtab譜も制作しました!
 
 
ベースのパート譜が欲しいのですが、
 
どこにありますか?」
 
といったリクエストを多数いただいたので
 
作ってみました。
 
ありがとうございます!
 
 
最初は、YouTubeに、ギターtab譜用に、
 
ギター動画だけを参考動画としてアップする予定でした。
 
 
ただ、ベースの音を録音する時に、
 
ついでにカメラで録画スイッチをオンにしておいて
 
軽い気持ちでベースの演奏動画も撮影しておきました。
 
 
そして画像編集の時に、せっかく撮影したので、
 
さっきのベースの演奏動画も入れてみようと思い、
 
ピクチャーインピクチャーで差し込み、
 
まぁ、ベースはおまけのつもりで・・
 
と思いながらアップしてました。
 
 
すると意外にも、動画の再生回数が上がるにつれ、
 
ギターだけでなく、
 
情熱大陸のベースの方にも反応が出てきました。
 
そして、楽譜のリクエストをもらい始めたので、
 
今回、制作することになったんです。
 
 
ただ、 ベース楽譜をただ弾くだけでは楽しみにくいので、
 
ベースパートを抜いたカラオケ音源を付けました!
 
これだと、情熱大陸のグルーヴが思う存分楽しめると思います。
 
 
この動画のベースパートは、
 
ギターのデモをメインに作る時に、コード譜だけをみて、
 
一発録りで弾いています。
 
つまり、あらかじめフレーズを確定させたものではなく、
 
フィーリングで弾いているので、楽譜を制作するのに、
 
自分のベースラインを耳コピして楽譜に起こしていきました。
 
 
コード譜だけをみて、アドリブで弾いているので、
 
動画どおりの楽譜を制作するには、
 
きっちり自分のベースを耳コピしないと
 
全く違うベースラインの楽譜が出来上がってしまうので、
 
結構細かい作業が必要です。
 
 
今回のはもちろん1テイクで録音していますが、
 
もし、2テイク、3テイクと弾けば、全てのテイクが
 
微妙に違うベースラインを弾くことになると思います♪
 
 
情熱大陸の基本グルーヴは「ラテン系」です。
 
そのグルーヴを残しつつ、
 
ギターのロックの音色になじむ様に弾きました。
 
 
ラテンベースの「 ルート 」と「 5th 」を基本としながら、
 
ファンクロック的な要素を盛り込んだり、
 
「 ゴーストノート 」を所々にちりばめたりしています。
 
「 ゴーストノート 」は動画の音では聞き取りにくいですが、
 
「 ゴーストノート 」を入れるのと入れないのとでは、
 
グルーヴ感がかなり変わってきます。
 
 
自分のベースを耳コピしていて、
 
「今、ゴースト弾いたな」などと確認しながら採譜していきました。
 
 
動画では、グルーヴ感を意識しながらも、
 
コードチェンジが激しめのコード進行の中、
 
流れる様に、ベースラインの音を瞬時に選んで弾いています。
 
 
「ルート」「5th」「オクターヴ」「経過音」「コードトーン」
 
を自然に絡めながらラインを構築していき、
 
メインのギターを邪魔せず、しかし、
 
結構動いたベースラインになっています。
 
 
この楽譜と動画で練習することで、
 
ベースラインを自分で構築する際のヒントがたくさん得られると思います。
 
応用編として、
 
カラオケに合わせて「オリジナルのベースライン」
 
を試してみるのも面白いと思います。
 
 
あと、動画の中の「ベースソロ」は採譜していません。
 
これも、おまけの気分で録音しましたので。
 
カラオケでも、ベースソロは消しておきました。
 
その部分は、アドリブの練習がしたくなった時に、
 
自分自身でソロを弾いてみてくださいね!
 
 
ミックスダウンは、
 
ギターの音がメインになる様にミックスしているので、
 
ベースの音は少し聞き取りにくいかもしれません。
 
ヘッドホンかイヤホンで聞くと聞き取りやすいので、オススメです♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【情熱大陸ベースtab譜&ベース用カラオケset】

▲UP