T−SQARE「オーメンズ・オブ・ラブ」ギターtab譜&バッキングトラック

2016/11/13 | ギター |

【omens of love ギターtab譜&backing track set ザ スクエア】
【omens of love ギターtab譜&backing track set ザ スクエア】

以前、T−SQAREの「トゥルース(TRUTH)」を完コピしましたが、今回は同じT−SQARE(ティースクエア)のもう1つの代表曲、「オーメンズ・オブ・ラブ(OMENS OF LOVE )」を演奏してみました。

ここだけの話、私は今まで、キラキラ系とも言えるような、ポップなインストの曲はイメージだけで敬遠していました。

でも今回、完コピや楽譜作成の作業を通じて、細部にわたって曲を分析していくうちに印象が変わってきました。率直に言って「よくできているな〜」と思いました。

誰が聞いても楽しめる、覚えやすい、ノリやすい、様々なシーンのBGMとして使える、こういった点で非常に優れているし見習うべき点がたくさんあると感じました!

誰が聞いても楽しめる、覚えやすい、ノリやすい曲なので、スクエアのライブで定番曲で超盛り上がります。

さらに、バンドのメンバーのテクニックもバランスが取れていて、とにかく聴いていて楽しめる。こんなサウンドが、「フュージョンブーム」と呼ばれた時代には溢れていたのです。

コピーしてみてよくわかったことですが、「流行るべくして流行った曲」ということです。

つまり、フュージョンブームは単なる偶然ではなく、優れた楽曲、ミュージシャンに支えられた「必然」だったのです。

 

【ココガクポイント】

・メロディーは比較的シンプルといっていいでしょう。コツは、押弦の時間を少し長めにすることを心がけます。

・楽譜に表記はありませんが、必要に応じてビブラートやアクセントなどの、曲に表情をつけるテクニックを使って、「歌い上げる」ように演奏すると表現力アップにつながります。

・ギターソロ。いわゆる超絶テクは必要ありませんが、ライトハンド奏法やアーミングなどのテクニックが、コンパクトな中に盛り込まれています。

Cメジャーペンタトニックスケールを軸としながら、よくできたフレーズです!

ギターソロの後半部分は、2インリードで、ギターでハモっています。

 

バッキングトラック

この動画のギターパートのメインだけを抜いた、ギター用カラオケです。

バッキングのギターとハモりのギターパートは抜いていません、その方が盛り上がってギターを弾けるからです! 

【omens of love ギターtab譜&backing track set ザ スクエア】
【omens of love ギターtab譜&backing track set ザ スクエア】

コメントを書く

コメント内容








▲UP